ラブホテルの仕組みや基本的な使い方を知る

様々な作り

外国人ウェディング

ラブホテルの建物には、モーテルタイプと呼ばれるものがあります。
モーテルタイプは、戸建て形式ともよばれており、1つの客室に対して1つの車庫がセットになっているというものです。
部屋の前に車庫が設置されており、車庫の前に部屋の内装や料金等が記載されている看板があります。
看板を見て、部屋を決めて車庫に入り車を止めると客室が決定し、そのまま客室のドアが開くようになります。
車庫からの入室になるため、フロントを通ることがなく、人に会う心配がありません。
自動的なチェックイン方式になるので、誰にも見られずにチェックインすることが可能になります。
ラブホテルのチェックアウト時にも、室内の自動精算機で料金を支払い、誰にも見られずにチェックアウトすることができます。

ラブホテルには、フロントタイプと呼ばれるものがあります。
フロントタイプとは、通常のホテルのようにフロントがあるものです。
しかし、実際にフロントに人がいる所と無人の所があります。
無人の所場合、客室パネルというものが設置されています。使用できる部屋の内装や料金等が書かれたパネルがフロントやロビーに置かれていることがほとんどです。
客室パネルには、使用できる部屋が点灯しており、ボタンを押して利用したい部屋を決定していきます。
レシートが出てくることが多く、レシートを持って自分たちで選んだ客室まで行きます。
チェックアウトの場合、部屋の中にある自動精算機を使うことが多いです。
自動精算機で部屋の中で精算を行い、帰りはロビーやフロントを抜けてラブホテルをチェックアウトするということが多いです。